ドクターサプリは大阪のアンチエイジングクリニックへ
HOME>老化とアンチエイジング

老化とアンチエイジング

老化はいつ始まるのでしょうか?
老化曲線:いつ老化が始まるか人生は大きく2つの部分に分けられます。40歳までの成長期と、それから後80歳までの下降期です。
女性の場合、通常45歳から55歳までに閉経し、この時期が更年期の時期にあたります。
更年期に入った頃から女性ホルモンは徐々に減少し始め、月経が無くなると、急激に減少し最終的にほぼ消失してしまいます。
この女性ホルモンの消失に伴い、更年期障害や様々な老化現象が現れ、急激に健康状態は低下していきます。

男性更年期障害という概念は今から10年ほど前から欧米で研究され始めた比較的新しいものです。
40〜50歳の間にホルモンバランスが著しく崩れ、男性における女性ホルモンの上昇と男性ホルモンの減少という状態が、男性更年期障害と呼ばれる心身症状 を来します。
さらに仕事や家庭のストレス、他の生活習慣病を合併しやすい状態となります。


女性の更年期に見られる症状
※HellerとMeyersらによる

血管運動神経症状

顔のほてり、めまい、手足の冷感、発汗、動悸、速い脈、頭痛

心理学的症状 緊張、睡眠障害、興奮しやすい、短期、抑うつ、否定的自己像、非社交的傾向、泣きたい感情、自殺傾向、チクチクする痛み、集中力低下
体質上の症状 虚弱、疲労、便秘、視力低下、関節痛、食欲増進、嘔気、嘔吐、胃痛、体重増加、全身痛
泌尿器系症状 尿の流れに勢いがない、頻尿、再発性膀胱炎、排尿困難
性的症状 月経不順、月経過少

男性の更年期に見られる症状
※HellerとMeyersらによる
血管運動神経症状

顔のほてり、手足の冷感、発汗、動悸、速い脈、頭痛

心理学的症状 緊張、短期、不眠、抑うつ、否定的自己像、非社交的傾向、泣きたい感情、自殺傾向、チクチクする痛み、集中力低下
体質上の症状 虚弱、疲労、筋肉の痙攣、関節痛、食欲低下、嘔気、嘔吐、胃痛、便秘、体重減少
泌尿器系症状 尿の流れに勢いがない、尿が細い、頻尿、排尿困難
性的症状 性欲の低下、勃起持続の困難

現代の医学はさまざまな病気の治療について多く研究されてきました。
しかし、この医学をもってしても自然な老化現象を食い止めることはできません。
アンチエイジングの目的は老化の過程を知り、未病(病気になる前)の段階から身体の変化をとらえ病気を未然に防ぎ、生活習慣病などを予防することによって、健康長寿に導くことです。